ワールドカップ直前イベント!ゴールを守ってフリープレイを貰おう!

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

Mr.コンティのRising JAPAN

マスコミの書かない&書きそうもない!スポーツ界の雑学・裏話を、サッカーを中心にコメントを掲載していきます。

試合後 グラウンドの2階にて

Auckland にて イ・ワ・モ・トッ ! テルオッ !!

ハーフタイム中にベンチにいる選手達はボールを蹴ったりして身体を動かす事を知ったのは日本リーグの試合を見る様になってからだ。これが高校生くらいなら監督、顧問の先生の話を聴く様にとのことであろう。岩本がボールを蹴り出すかなと思っていたらゴール裏に待機していた日本人と話を始めた。そしてそこにもう1人日本人が加わり記念撮影まで始めた。後で最初に話していた人は現地の彼のコーディネーターである事がわかった。そしてこの様にハーフタイム中でも写真を撮ったりサインをしたりとは現地ではあまり珍しい事ではないらしい。そして岩本は他の控え選手と一緒にボールを蹴り出した。気の毒なのはアウェーのWellington の選手達。彼等のコートの半分は地元の子供達のミニゲームと言う“ハーフタイムショー”に占領されてしまった。岩本の背番号53番は随分重たい重たい様に思えたが、これは故障した右足首のリハビリの為にNHKの企画で東海道五十三次を踏破したことに因んでつけた番号らしい。本当にサッカーが出来る状態ではなかったらしい。前節の試合Christchurch遠征に帯同せずに当地の邦人の人達はがっかりしたとの事。この試合も出番はあるかな?後半開始時には両チーム選手交代はなかった。今度は開始から Auckland が押す展開。48分には Gordon のクロスに Jordan があわせるがGKがブロック。11分には右から Mulrooney が上げるが中に居る2トップの Young と Jordan は僅かに届かない。この右のMF Mulrooney は England の国籍だ。12月の FIFA Club World Cup の出場権を勝ち取った事で話題になっている Auckland City FC だがこのチームはセミプロのチーム。とうよりも New Zealand Football Championship 所属8チーム全てがアマチュアチームと言える。選手全員は他に何か仕事を持っていると思われる。そんな中 Auckland City は昨年設立されたらしく、2004-05, 2005-06 と連続優勝を果たしている。そして今年5月地元開催の Oceania Club Championship で優勝を果たした。

タヒチのパペーテで行われた昨シーズンのこの大会にも Auckland City は出場したが優勝した Sydney FC と今年の決勝戦を戦った AS Pirae に1次リーグで破れ準決勝には進めなかった。 もし今シーズンもA League で優勝したSydney FC がいたらどうなっていただろう?
後半から Wellington ゴール裏に観戦の場を移したが横で日本人女性が熱心にビデオを回して試合の動きや岩本の動向を映している。あまりに熱心にビデオ撮影しているので、声を掛けられなかったが、その向こう側から現地の人が色々彼女に話しかけ、応対しているの聴いて判ったが彼女も岩本のコーディネーターの1人らしい。その望遠付きのカメラのおかげでベンチの岩本がコーチの指示を受けユニフォームに着替えているのが判った。そろそろ登場かと思ったとき、 Wellington の右サイドバック Birch が怪我の為 Smith と交替した。このSmith もかつては New Zealand U-20 にも選ばれた。 そしてその2分後、地元サポーター達からの拍手に送られて岩本が登場した。ポジションは左MF。身長180cmでKIWI の選手達の中に混じっても見劣りしない体格だ。サンガ時代の岩本へのテーマ曲と最後に”イ・ワ・モトッ!!テルオッ!!”と叫んだ事を思い出す。まさかここでは叫べないが。早速左サイドから来たボールをワンタッチで右サイドの味方に早いパスを出し、周囲をうならせる。他の選手との違いは攻撃面だけでなく守備面でも能力を発揮し、相手ボールになってもボールを追う事だ。そしてワンタッチで局面を変えるなど、格の違いを見せる。そしてCK のこぼれ球をペナルティーエリアのやや外から半身の態勢でシュートを放ちながらも球道はおしくもポストをかすめたがしっかりとゴール方向を捕らえ、観客からは拍手喝采だ。一方の Team Wellington 、後半は良い所が無い。 Auckland の右サイドバック All Whites にも選ばれた実績もある Jonathan Perry が効果的に上がってくるので前方の攻撃陣4人と ボランチの間が開いてしまいボールが繋がらず防戦一方。GKが代表の Bannatyne でなければあと1~2点は入っていただろう。そして試合もこのまま終わろうかと言うロスタイム、右コーナー付近でボールをキープした Wellington のDFの後方から岩本が激しくタックルを入れた。審判は直ぐにホイッスルを鳴らす。DFは怒りを露に、しかし岩本は淡々とした表情。すると主審がレッドカードを岩本に見せる。すると踵を返した岩本はそのまま控え室に直行した。そしてその数秒後にホイッスル。終了直前に彼がなぜあんな無用な反則を犯したのか判らない。さっき日本人女性に話しかけていた地元の人も同じ事を私に尋ねてきた。後日彼の公式ホームページを見ると“こちらの選手は直ぐにボールに来なくて足に来る”と書かれていたので、その前に何かされたのかもしれない。 その地元の人に彼はどんな選手だったか?とか訊かれて話が弾むと、その人の仲間がやって来た。その仲間はかつて Auckland ( どこのチームかは訊きそびれたが) でプレーをしたらしい。そして一緒にビールを飲もうと誘われた。グランド内にある控え室の2階がパブの様なつくりになっていて、そこで話をしようと言う事だった。 そこには…….
–>

Auckland にて 岩本を観た !!

来月10日から始まるFIFA Club World Cup 。今年も日本人選手が参加する。岩本輝雄。かつて我が愛する京都パープルサンガにも所属し、1998年のシーズンには試合に敗れたとは言え国立競技場での浦和レッズ戦でゴールも決めてくれている。(私の記憶が正しければ。) 1993年代表がドーハで散ってから、ファルカンが代表監督になって何度か召集されたものの広島アジア大会で韓国に敗れ、代表監督が加茂周氏に替わってからお声が掛からなくなったのを憶えている。もしこの大会が日本以外で開催されたら昨年のKAZUの様に Auckland FC に岩本輝雄が加入する事があったかはわからない。ただ私が知りたいのは何故彼が必要とされたかだ。その回答を得られそうな貴重な機会に遭遇できた。
11月18日、ニュージーランドで一番の大都市 Auckland 。私を乗せた機体が Auckland に到着した時は雨が降っていた。初めて乗った Air New Zealand は満席にも関わらず快適であった。少なくとも Qantas よりかはサービスも客席のすわり心地も断然良く感じられた。 本当はシンガポール経由のルートを模索していたが何故かさっぱり空席が無く。東京からの直行便を余儀なくされ、その上週末のフライトは満席。金曜日の出発となってしまった。税関を抜け市内までバスに乗り、ホテルにチェックイン出来たのはフライト到着からわずか1時間半後であった。 部屋に入り地元紙に目を通す。目的は欧州遠征中の ALL BLACKS の動向だ。England 相手に歴史的勝利を収めただけでなく France をも連覇し今年の Tri Nations から絶好調。英国 TIMES 紙は早くも 1987年の第一回ワールドカップを制した時とのメンバー比較までしている。地元紙も次の France 戦も期待出来るような内容だ。他の紙面に目を通すと当日 午後3時からAuckland City FC の試合があるとの事。これは思い掛けない行であった。外はまだ雨が降り続いている。しかしここまで来てこの幸運に巡りあえたのだからと自分を納得させつつ外出の身支度を始めた。

ホテルから出てもまだ小雨模様であった。ホテルのある Down Town からタクシーで約20分。試合が行われる Kiwitae Street グランドに到着した。立派なピッチコンディションであったが、観客席はせいぜい100人程度が収容出来るくらいか?それでもゴール裏やタッチライン沿いには熱心な地元のサポーター達が。そして岩本効果?か日本人も多く目に入る。時刻は3時少し前なのに試合が始まる気配が無い。心配になって地元の子供に“何時から始まるの?”と訊ねると“3時半”と教えてもらった。これも雨の影響かな?ピッチに目を移し岩本を探すとすぐに彼を見つけることが出来た。すると遠目に目があった気がしたのか?彼が右手を高く上げた。周りを見回すとそれに応じる日本人も居ないのでもう一度彼を見るとまた右手を挙げてこちらを見ているので、私も右手を顔のところまで上げて振った。本当に私を見てたのかな?やがてストレッチからボールを使った練習そしてシュート練習が始まる。 ゴールのすぐ後ろでその練習を見られるので迫力はすごい。ただ岩本が撃つ番になるとあまり良いクロスが入らない。大丈夫かなここのウィングは?(今はウィングと言わないか?) 岩本はなかなかウィンドブレーカーを脱がないのでこれはベンチスタートかな?と思っているとやはりそのとおりだった。両チームの選手達がロッカールームに消えていく。その間に地元の人達が声を掛けて来る。質問内容は決って TERU こと岩本の事だ。驚いたことに彼が京都サンガでプレーしていたのを知っている地元の人がいた。敷地内の片隅でTシャツなどのグッズを売っている人とも話が弾む。“日本に来ますか?”と訊くと“Off Course “ と応えた。彼に見所の選手を教えてもらう。何しろまったく予備知識がないものだから。New Zealand Football Championship は8チームがホームアンドアウェー総当りでリーグ戦を行い今シーズンはこれまで6試合を終えて Waitakera が1位。 Auckland City は3位でこの日対戦する Team Wellington は4位だ。 上位2チームが来年のオセアニアクラブ選手権に出場出来る。最も力のあった New Zealand Knights が昨年から A League に参加してしまったのでリーグのレベル低下が心配されているらしい。 試合開始の3時半近くになると雨もすっかり上がった。選手のスタメン発表がアナウンスされ、両チームの選手が控え室から出て来た。

この日の対戦相手Wellington は長身190cm の Peter Halsted が1トップで2列目が2人その下に1人と前線にダイヤモンドを形成する。その下にボランチを2人置き、DFラインは4バックだ。Auckland は3バック。その前に左右1人ずつを大きくサイドにおいて2トップの下に3人の2列目を配している。監督が先週降りて今は監督不在でコーチが指揮を取っているらしい。こういう環境の変化は新加入の岩本に悪影響を与えないか心配になる。試合は開始からアウェーの Wellington が優勢に進める。2分には長身の Halsted がゴール前で競って落とした所を Barbarouses がシュートを放つが GK Nicholson がセーブ。Barbarouses はまだ16歳のNew Zeland U-17 の主将。Wellington はトップの Halsted をめがけてこぼれた所を2列目の Barbarouses や Graham Little が詰める。Little はベテラン35歳。167cmと小柄だがドリブルも上手くベテランらしくポジショニングもボールの受け方も1日の長がある。14分にはあわやのミドルシュート、15分にはドリブルからグラウンダーのシュートを逆サイドに放つ。そこにHalsted が走り込むが僅かに合わなかった。Wellington は ボランチ Wilson、Eager の押し上げが早いのでゴール前で数的優位が保てる。Eager は未だ17歳だが既に N.Z. U-20 にも名を連ねており今年はオーストラリア U-20 チームとの試合で勝利した試合にも出場している。来年、カナダで日本と対戦するかな?ラグビーで有名なニュージーランド、サッカーでも1対1の局地戦はあたりがすごい。体のぶつかる音が聞こえてくるが、選手達は何ともなさそうだ。Auckland は相手ゴール前に近づくほどボールが繋がらなくなる。選手間でも約束事云々より兎に角ドリブル突破にチャンスを見出そうとしているが、そこまでテクニックの高い選手は見あたらない。 Wellington が攻撃に転ずれば何か可能性が見られる。Wellington は25分、ゴール正面でFKを得る。5人が壁を形成するが、Patrick の放ったシュートは壁を破ってゴールに。しかしGK Nicholson がセーブをして得点を許さない。 Patrick はかつてのリーグ得点王だ。攻撃では良い所がなかった Auckland であったがこの時間から左サイドバックの Dean Gordon が積極的に上がるようになり左から攻撃の起点が作れる様になった。24歳のGordon はロンドン生まれの24歳。かつて England の U-21 で13試合出場経験がありミドルスブラ、コベントリー等にも在籍し昨シーズンはキプロスの Apoel Nicosia でプレーをした。ようやく28分に Gordon のドリブルからチャンスから Jordan ( 2トップの右 ) がナイスクロスを入れるが中の Great Young には Wellington MF Birch がしっかりとマークに着いておりシュートを撃たせない。Young は南アフリカ国籍の35歳。同国代表歴もありベルギーの Ghent でもプレーしたベテランだ。マークに着いた Birch は27歳のMF。かつては U-17 にも選ばれた。しかしまだ試合は中盤でボールをつなげる Wellington が優位に進める。36分には Birch がミドルを放つが惜しくもバーを越えていく。Auckland はロブを入れる様になるが GK Phil Patterson が落ち着いてケアーする。スタンドのAuckland サポーターからはブーイングが飛ぶが、それを笑顔でかわす。 Patterson は195cmの長身でニュージーランド代表 All Whites のGKだ。今年セビリアとの試合もゴールを守った。だが彼を驚かす事が起こる。 40分競り合いのこぼれ球が Patterson の前に跳ねて来る。そしてそれをわざと取らずにゴールキックとしたつもりが主審はCKの判定。これには Patterson も怒りをあらわにするが判定は変らない。そのCKを Auckland MF Jonathan Smith が頭で落とし、走り込んだ Gordon が Wellington ゴールに蹴り込み Auckland が先制点を挙げた。このゴールに怒りを爆発させた Patterson はボールを拾い上げると大きく前に蹴り出してしまった。よくイエローが出なかったものだ。 こうなると Auckland の動きが俄然良くなる。 ゴール直後、スコットランド国籍のBrayan Little の左からのクロスから Young が放ったシュートはGK Patterson の正面。そして右サイドの Coombes からのクロスはゴールポストを直撃する。 そして前半終了の笛が鳴る。Auckland サポーターの前を控え室に向う Patterson が走り過ぎるが大変なブーイングだ。今度はPatterson も振り向きもしない。 岩本はピッチの中をゆっくりと駆け出した…… つづく
–>

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

日韓中戦 昌原の試合で あのカップルは誰?

洪明甫”監督代行“は朴主水に代わって白智勲を投入した。前半日本ゴールを脅かし続けた朴主水を外してくれたのは多くの選手をテストしたいからか?と思っていたら後で朴は風邪で体調を崩しておりプレーもこの試合を休もうか?とも思っていたらしい。 このコンディションで、う~ん。さすが代表レベルだ。韓国の英雄、洪明甫はかつてベルマーレでもプレーをし、その時に日本の反町五輪監督とは試合前のストレッチ等のパートナーだったらしい。そして井原コーチとはもう語る必要が無いだろう。しかし、両監督、コーチには試合中そんな感情に浸る暇はないだろう。 後半、日本のメンバー交代は無かった。前半35分あたりからボールが繋がるようになりようやくペースが掴みかけてきたのでもう少し様子を、と言う反町監督の判断だろう。監督の”入れろ!入れろ!“の声が響く。それでも韓国は60分スローインを受けた李根鍋が田中(大宮)を振り切りクロスを入れ、中では梁東が柳楽を振り切ってシュートを放つがGK松井がセーブ。 昨年のFIFA U-20に出場した松井も所属先の磐田には川口がいて五輪チームでは大分の西川がレギュラーを張るので実戦でのプレーが少ない。しかしこの試合では時間を追う毎に安定感を見せており、また西川が怪我をしたのでこの間にアピールをしたいところだろう。先制を喫したときは大変な悔しがり様だった。そして日本が徐々に攻撃の形を構築出来るようになった。62分、左サイドからのロングフィードを右サイドで受けた水野がドリブルで姜敏寿を振り切りシュート。サイドネットを揺するに終わったが水野の突破が目立ってきた。そして65分、逆襲に出た相手ボールを奪った柳楽から5本のパスを繋いで上田(磐田)に渡り、さらに左サイドを疾走する渡辺に出し、渡辺が入れたクロスは走り込んだカレンにドンピシャのタイミングで合い、日本が同点ゴールを挙げた。しかし、カレンは淡々と余り喜びを表わさない。レプレイで見るとカレンはこの絶好のクロスを空振りしており、右から詰めた安泰垠の頭に当たってゴールに吸い込まれていったものだった。 五輪チームでのレギュラーを狙うカレンにとっては何とか結果を出したかっただろうが。 しかし安の右には谷口(川崎)が詰めており安が触らなければJリーグで10得点を挙げている谷口が何とかしていただろう。それよりも、この攻撃は永久保存版の素晴らしい build up であった。そして日本は1対1でも韓国選手に競り勝つ様になって来た。このチームでも選手の順応性はさすがと思わされる。そして韓国はロングボールが更に多くなるが2列目以降のフォローが遅れがちになり始めた。71分、反町監督は田中に替えて前田(広島)を入れて2トップ気味にし、細貝を最終ラインに入れた。72分に韓国は金勝龍のFKがフリーの梁東を目指すが梁は空振りをしてくれた。76分、洪明甫監督代行はセットプレーで日本を苦しめた金勝龍に替えて長身195cmの沈愚燃を投入すれば反町監督は反対に169cmの高校生、乾貴士を渡辺に代わって入れる。日韓共に監督の思惑が感じられる交代であるが、残り10分になって再び動きが良くなるのは流石韓国だ。81分韓国はCKを姜敏寿に合わせる、完全にフリーだ。そこに谷口が慌ててマークに寄るがGK松井も出てく来てゴールががら空きだ。そこに一瞬早く姜が頭で合わせ無人の日本ゴールにボールが飛ぶがクロスバーを直撃し姜は天を仰ぎ日本イレブンは胸を撫で下ろす。 日本も乾のドリブルでチャンスを作ろうとするがシュートには至らない。韓国の執念はすごい。85分には李根鍋のドリブルから最後は呉章銀が、86分には白智勲がミドルレンジからあわやのシュートを放つ。87分にはカレンを下げて津田(流通経済大)を入れて前線でのボールキープを期待するが、91分には白智勲が左サイドを突破し中にいる梁東に入れ、フリーでシュートを撃たれるが松井がセーブ。 結局4分あったロスタイムが過ぎても両国得点は生まれず、1-1のドローに終わった。 翌日の日刊スポーツなどはこの試合内容に”O・Gドローが精一杯“”日本U-21 五輪険し…”ふがいない戦い 云々“と悲観的な行しか載せないが、彼等は一度このメンバーと韓国のメンバーを比較する事を薦める。確かに前半は受身になり後手を踏む事が多かったがそれを後半には修正してくるところは評価すべきだ。
一方の朝鮮日報ではかつて“日本キラー”であった趙広来氏の解説が寄せられている。

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

最高のスロットマシンのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: