オンラインカジノEXPO☆レポート

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

カジノを含む統合リゾート(IR)の政治、経済情報のポータルサイト >運営方針はこちら

海外企業:Suncity「和歌山県に特化, 投資額4000~5000億円」@IRゲーミングEXPO大阪

【国内ニュース】

2020年後半、IR誘致を申請する自治体(都道府県 or 政令指定市)は、実施方針を策定、IR事業主体を選定へ。

Suncity Group 日本における営業活動

Suncity Group「和歌山県に特化, 投資額4000~5000億円」@IRゲーミングEXPO大阪

・10月25日、サンシティ・グループのアルビン・チャウ(ALVIN CHAU)会長が記者ブリーフィングを実施
・日本参入方針に関する発言のポイントは以下の通り
「和歌山県に特化」
「投資額は正式には未定。4000億円から5000億円のレンジ」
「現時点では、日本企業との協業はない。相談中」
「強みは、観光、エンターテインメント(映画、コンサートなど)」
「日本独自の、日本の特色を活かした和歌山IR2.0を開発する」
・Suncity Groupは、海外では二つのIR計画に参画
– ベトナム・ダナンHOIANA(2020年4月開業予定)
– ロシア・ウラジオストックTigre de Cristal(2020年11月開業)

日本法人設立 HP公開 和歌山県への特化方針を明示

・8月27日、サンシティ・グループ・ホールディングス・ジャパン株式会社は、日本向けHP、和歌山県IRコンセプトムービーなど公開
サンシティ グループ ホールディングス ジャパン株式会社 HP(2020年8月27日公開)
サンシティ グループ ホールディングス ジャパン株式会社 8月26日 和歌山IRシンポジウム 施設コンセプトムービー(2020年8月27日公開)
・HPでは、和歌山県に特化する方針を明示
「和歌山県の資産を最大限に生かした国際観光都市の開発を、統合型リゾート施設を中心に推進していきます」
・8月26日、サンシティグループ(香港)は、和歌山県主催のIRシンポジウムに登壇。日本のイベント初登場
・サンシティ・グループは、和歌山県用にパースと動画を披露。アルビン・チャウ(ALVIN CHAU)会長がビデオレターで和歌山県への意欲をアピール
誘致レース(739)和歌山県=県IRシンポジウム~Barriere,Bloomberryに加えSuncity初登場

Suncity Group 海外事業動向

マカオ:Suncity会見「法令遵守。オンライン関与なし」~カジノ営業権再入札の候補

7月13日、Suncity Groupが緊急記者会見を開催。トップであるAlvin Chau氏が、7月8日の中国国営メディア(Economic Information Daily, 通信社Xinhuaグループ)による海外における”オンラインゲーミングおよびプロキシーベッティング”事業関与の報道を改めて否定した。
Suncity Groupは、8日に否定のリリースを発表済み。

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

Alvin Chau氏は以下を強調。
・Suncity Gaming Promotionおよび世界の関係会社(グループのジャンケット事業)は、オンラインゲーミングプラットフォーム(フィジカルなチップを用いない)を運営しておらず、むろん、それによる中国客の決済を実施していない
・中国の金融秩序を乱す行為はしていない
・中国およびマカオの法令に違反していない
・海外でライセンスを受けていても、それがマカオ法令に相反する事業であれば、関与しない
・中国当局の調査対象となっておらず、その”Wanted”リストに含まれない

同報道は、マカオ政府カジノ規制当局(DICJ)のPaulo Martins Chan長官が、マカオのカジノ業界関係者との会合において、マカオにおけるオンラインゲーミングの違法性、その法令違反は事業ライセンスに深刻なダメージを与えることを強調する事態となった。

Suncity Groupは、香港証券取引所に上場するSuncity Group Holdings(各国IR開発投資事業)、非公開のSuncity Gaming Promotionなど(ジャンケット事業)で構成される。
マカオ・カジノ業界には、2021-2022年に実施される見通しのカジノ営業権の再入札において、Suncity Groupが有力候補との見方がある。

G2E 2020 Asia マカオ・カジノ営業権満期2022年と再入札~Suncity Groupは新規有力候補

5月23日、Global Gaming Expo Asia(G2E Asia)のコンファレンスにおいて、セッション「2020 and Beyond: The Future of Macau’s Gaming Concessions」が開催された。
マカオ市場最大の焦点であるゲーミング・コンセッション(カジノ営業権)満期と再入札をテーマとした。

モデレーター:
Rui Pinto Proença(Partner, MdME Lawyers)
パネリスト:
Alidad Tash(Managing Director, 2NT8 Limited)
Jason Ni(Executive Director, Research, Planning and Strategy, Wynn Palace)
Pedro Cortes(Lawyer, Rato Ling Lei & Cortes)
Prof. Desmond Lam(Professor in Integrated Resort and Tourism Management, University of Macau)

パネリストの主な意見は、
・新規参入者の一つの在り方は、ジャンケット、サテライトカジノ事業者による合弁会社コンソーシアム
・再入札の設計(既存6事業者の当落、新規参入)は、マカオ政府だけでなく、中国政府の政治配慮も関与する可能性
・ジャンケット大手グループSuncityは、明らかに新規参入の最有力候補
・再入札前に、中国事業者による米国系コンセッション保有者の(部分)買収が発生する可能性

図表:マカオ カジノ運営6事業者のコンセッション満期日

コンセッション満期日 事業者 証券取引所 カジノ施設数 獲得順
2022年6月26日 SJM Holdings 香港証券取引所 22
2022年6月26日 Wynn Macau 香港証券取引所
2022年6月26日 Galaxy Entertainment 香港証券取引所
2022年6月26日 Sands China 香港証券取引所 4(サブ)
2022年6月26日 MGM China 香港証券取引所 5(サブ)
2022年6月26日 Melco Resorts & Entertainment NASDAQ 6(サブ)

注1:カジノ施設数は2020年12月末時点
注2:2020年3月15日、マカオ政府はSJM Holdingsのコンセッション(MGM China Holdingsのサブ・コンセッション)の満期日を、2020年3月31日から2022年6月26日に延長を承認
注3:(サブ)はサブコンセッション。Sands ChinaはGalaxy Entertainmentより、MGM ChinaはSJM Holdingsより、Melco Resorts & EntertainmentはWynn Macauより取得

ベトナム:Hoiana 40億ドルIR計画 2020年開業へ~Suncityマカオ営業権満期後の新規入札狙う

4月20日、ロイターが、ベトナムのHoiana Projectの現地状況をレポート。2020年の第1期開業に向けて、建設作業が進展中。
開発投資額は、第1期が6.5億ドル、全体が40億ドル。

現地開発会社Hoi An South Developmentのエクイティ所有者は、Suncity Group Holdings(マカオ、ジャンケット)、ベトナム現地の投資・不動産業者VinaCapital、香港の投資業者VMS Investment Groupである。

Suncity Group Holdingsがリード役。Suncity Group Holdingsにとって、Hoiana Projectは、初のカジノ、IR開発計画となる。

Suncity Group Holdingsは、マカオにおける、カジノ・コンセッション満期(6社。それぞれ2020年、2022年に満期)後の新規参入を狙っている。ベトナムの大型実績を、その足がかりとしたい考え。なお、現在のところ、マカオ政府は、カジノ・コンセッション満期後の方針を決めていない。

なお、ベトナム政府は、一定条件をクリアしたIRにおいて、パイロットとして内国人の入場を可能とする方針。
Hoiana Projectは、その対象とはならない見通し。

パイロットは、その権益性の高さゆえ、ベトナム資本主体プロジェクトが優先対象となる可能性が高い。
北部クアンニン省Van Don Economic Zone(開発者:ベトナム Sun Group)、キエンザン省フーコック島(開発者:ベトナム Vingroup)が対象となる見通し。

なお、Suncity Groupは、北部クアンニン省Van Don Economic Zone計画に対するカジノ・マネジメントメント・サービス提供契約を締結済み。

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

最高のスロットマシンのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: