CSGOチーム・NiPの前コーチ pita が真の問題を暴露|もう黙っていられない!

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

NiPの前コーチ “pita” が沈黙を破り真の問題を暴露

先日、人気EスポーツタイトルのCS:GOで活躍するチーム、Ninjas in Pajamas − 通称『NiP』の “Lekr0” 選手の代わりに “hampus” 選手をインゲームリーダーとして起用すると発表されました。これに対し、NiPで2度コーチを務めた “pita” 前コーチが、この決定についていくつかの批判をツイート。

NiP経営陣は発表で「若く才能あふれる選手達を強化し、活かすためには、より良いインゲームリーダーが必要であると ”THREAT” コーチ、パフォーマンスススッフと共に判断しました。”Lekr0” は非常にすばらしい仕事をしてくれましたが、チームは異なる方向に進化していく必要があるため、自然と今回の決断にいたりました。」と述べましたが、この決断に対して前コーチ “pita” は

とツイートし、CS:GOジャーナリストとのインタビューの場を持ちました。そこで “pita” は、NiPの裏舞台で起こった数々の問題を語ったのです・・・

�� CS:GOにベットして、キミも稼がない? おすすめブックメーカーはこちら!


William Hill Sport $ 100 フリーベット. William Hill サイトへ

数々の裏ドラマ

もう黙っていられない、と暴露したのは今年1月にNiPのコーチを退任した “pita” ですが、”pita” が退任した後すぐにNiPで長年チームを引っ張ってきた “f0rest” 選手が脱退しましたね。もしかしてそれも関係あったの? と思ちゃったワタクシ・・・

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

経営陣が決定

ジャーナリスト:コーチとしてNiPに再加入してからの最初の2週間について教えてください。2020年の2月にまたNiPのコーチになり、すぐにインゲームリーダー ”Xizt” の代わりに ”dennis” が起用されましたね。それに至るまでの経緯を教えてください。

“pita”:2020年1月の初め、当時のNiPのCOO(最高執行責任者) ”HeatoN” から電話があったんだ。彼はもう一度NiPのコーチになることに興味があるかと尋ねてきた。その電話の数日後、私はNiPのオフィスでCEOと仕事のこと、彼らが期待していることなどについて話したんだ。その中で、彼はGODSENTの ”dennis” の話題を持ち出してきた。”dennis” を選手としてどう思うかと聞いてきたよ。「素晴らしい選手であることは間違いない」と言ったのを覚えている。それは私が彼に対して持っていた一般的な意見だった。

帰路につく途中、ロサンゼルス空港で電話がかかってきた。空港のラウンジで、他のメンバーと一緒にいたんだ。私はプライベートで話をするために彼らから離れた。その電話で、経営陣が ”Xizt” を外し、”dennis” を起用するという『決定』を知らされたんだ。「だとしたら、誰がインゲームリーダーになるんだ?」と聞くと、「”dennis” がリーダーになる」と聞かされたんだよ。

だから40分以上かけて、彼らにその決定を撤回するよう説得しようとした。私の経験を信じてくれ、と。少なくとも ”Xizt” に数ヶ月時間を与えてくれと頼んだ。しかし答えはノーだった。彼らはチームが練習をサボりモチベーションが下がっていると思っていたし、アシスタントコーチも ”dennis” の加入は良いアイデアだと思っていた。結局、私は彼らの決断を受け入れなければならなかったんだ。

最悪だったのは、電話での会話中に ”Xizt” が私に側にきて「何か飲みものはいるかい?」と尋ねてきたこと。そんな親切な彼が話しかけてきた時、私は彼がいなくなってほしいと思っている人たちと電話で話していたことを、忘れることができないんだ。とても辛かった。

電話を切ったらすぐに ”Xizt” にそのことを伝えたかったが、スウェーデンに戻るまで伝えるなと言われたんだ。そして経営陣が ”Xizt” を解任することを伝えようとした時、私も参加するように言われた。異様に感じたが、私は何も言わず言われた通りにしたんだ。

100%信用できない経営陣

ジャーナリスト:それは再びNiPのコーチとなって間もない出来事でしたが、その後不安を感じましたか? 契約に縛られていたと思いますが、その経験によって今後の展望がどのように変わったのでしょうか?

”pita”:イエスでもありノーでもあったよ。”Xizt” の決定を知らされた時に「こんな状況でコーチをしたくない」と断ることもできたはずだけど、そうしなかった。だからある意味、私にも責任があると思っている。NiPに戻ってくるのが夢だったので、やりたいことをやるためには黙っていようという自分勝手な行動をとってしまったんだ。

そんなスタートを切り、チームは ”Xizt” の解任に不満を持っていたよ。”dennis” と契約した直後にストックホルムでブートキャンプをしたのを覚えている。2人の選手がとても怒っていて、私は彼らと個人的に話をした。彼らの不満は理解しているが、それを引きずらず、私たちはできる限りベストを尽くさなければならない、そして、経営陣への不満を ”dennis” にぶつけてはいけないと話したんだ。

ゲームの中では悪夢の存在 ”draken”

ジャーナリスト:”dennis”を加えた後も成績が上がらず、シーズン7のESLプロリーグ・ファイナルでは準優勝という結果に終わっていますね。それが原因で ”draken” が解任されたのか、それとも他にも何か原因があったのですか?

”pita”:”draken” の解任は、彼のパフォーマンスとはほとんど関係ない。彼は大きな才能を持った素晴らしい選手だと思う。唯一の問題は、公式戦と練習でのプレイが異なること。練習ではチームメイトが彼と協力してプレイすることが出来るのに、公式戦では違うプレイをするようになってしまったんだ。そのことがチーム内で問題になっていた。その点で彼を伸ばしてあげられなかったのは、私の責任かもしれない。

当時NiPにはメンタルコーチもいたんだけど、私たちは ”draken” をよりプロフェッショナルに育てようとした。しかし最終的には、他のチームメイトと同じレベルに育てるのは不可能だという結論に達したんだ。彼に警告をすると一時的に振る舞いは良くなるのだけど、最終的には元に戻ってしまうんだ。だからチームにとっても、他の選手たちのためにも、彼を外す以外に解決策はなかった。いつも遅れる彼を待つために、他のチームメイトたちも時間通りに来ることをバカバカしく感じていたからね。

もうリーダーでいたくない ”dennis”

ジャーナリスト:”draken” の代わりに ”Lekr0” を入れたのはあなたの決断ですか?その時のチームに対する気持ちは?

”pita”:”Lekr0” を入れるという決断は、経営陣はほとんど関わっていなかった。”draken” を手放したときに、もう一人AWPerロールのできる選手と契約しようという話になったんだ。fnaticにいた ”twist” と話したところ、彼はNiPへ来ることに興味を示していた。

しかし ”dennis” と話した結果、”dennis” が以前GODSENTとfnaticで共にプレイした ”Lekr0” を提案し、彼を使うことにしたんだ。

その頃、”Xizt” がインゲームリーダーだった頃に比べると選手たちの間に溝が生まれているように感じ、少し心配していた。”dennis” は徐々に責任から遠ざかるようになり、「もうリーダーでいたくない」と彼が言い始めるにはそう時間はかからなかったんだ。

”Lekr0” チームを救うために決意

ジャーナリスト:”Lekr0” が加入し、2020年3月に ”dennis” が脱退するまでの期間はどうでしたか? NiPはより良いパフォーマンスを発揮し、”dennis” が退任する前のIEM Katowiceメジャーでは準々決勝に進出していましたが。

”pita”:その間に色々なことがあった。まず、OpTic戦の最後のマップで ”dennis” がコールアウトする(ポジションを指示・コントロールするインゲームリーダーの役目)ことを諦めていた大会があった。私はコールアウトのためだけに4回連続でタイムアウトを取ったのを覚えているよ。その時、私は “Xizt” を外したのは間違いだったと確信したんだ。 ”dennis” との契約が悪かったとは言わないが、”Xizt” の代わりと言う点では間違った契約だった。

ESL Cologneの後、”dennis” は「もうリーダーでいたくない」と言った。この時私は “Xizt” の解任について非常に悔しい思いを抱いた。インゲームリーダーがいなくなっただけでなく、当時他の選択肢もなかったからね。

このままではもうダメだと思っていた時、”Lekr0” が一歩前に出てきてくれた。「自分の成功は置いておいて、代わりにインゲームリーダーになる覚悟がある」と言ってくれたんだ。”Lekr0” はリーダーになることを前提に契約したわけではないから、それはとても大きなことだと思ったよ。チームを『救う』ために打撃を受ける覚悟をしたんだからね。もし彼がもっと自己中心的であれば、あのままスター選手でいただろうし、今回のように彼を排除しようとは誰も考えなかっただろうね。”Lekr0” は素晴らしい選手であるだけでなく、素晴らしいチームメイトでもある。彼のインタビューを見れば、彼がどんな人間なのかがすぐに分かるはずだよ。

その8~9ヶ月の間に、チームにはいくつかの問題があった。問題の一つは、”dennis” が他の4人の選手とは違ったメンタリティを持っていたこと。私自身は彼の表現方法に問題はなかったが、自分の意見を言い怒りを素直に表す彼、しかし他の選手はもっと和やかに自分を表現していた。チームとしてうまくやっていくためには、”dennis” も彼らと同じように振る舞わなければならなかった。

燃え尽きた ”dennis”

ジャーナリスト:過去に問題のあった ”draken” を復帰させたのは誰の判断だったのでしょうか?

“pita”:Katowiceメジャーの後、休暇があった。それからWESG(上海で開催される大会)のビザ取得に向けてストックホルムの中国大使館に向かおうとしていた時、”dennis” から電話があったんだ。燃え尽きたと感じていて、ストックホルム行きの飛行機に乗らなかったと言った。回復するのに時間が必要だと言っていた。それでも中国に行くとは思っていたが、結局WESG主催者に「参加できなくなった」と伝えざるを得なかったんだ。

それで、”draken” に代役に興味があるかどうかを聞いてみたんだ。チームのみんながこのことを嬉しく思っているとは思えなかったが、これは ”dennis” が回復するまでの2、3回のイベントだけだということを説明し、みんなを落ち着かせた。そして ”draken” にも、代役期間だけであることをはっきりと伝えた。だがもし、”draken” と共に最高のチームになったとしたら、勝利の方程式を崩すことは望んでいないとも伝えたんだ。

勝敗より自身の統計

ジャーナリスト:いくつかのイベントの後 ”dennis” が戻ってきて、6月に “Plopski” が加入したためにベンチ入りしましたね。何がその決断につながったのですか?

“pita”:上海でのSLTVシリーズの後、”dennis” からメッセージが来たんだ。私が予想していたより彼の回復はずっと早かった。彼がどれくらいの期間休みを必要としているかは、誰にも予想できなかったからね。でも彼がメールで「また準備ができた」と言ってくれたから、”draken” を手放したんだ。

”draken” が参加した2つのイベントでは、彼に対するチームのフラストレーションが溜まっていた。挑発していたとも言える。みんなの不満が頂点に達したのは、Team Liquidと対戦した時のこと。最後のラウンドで ”draken” はラウンドに勝とうとしていなかったんだ。そしてTeam Liquidは ”draken” に救われた。あのプレイは妙だった。負けることより、自分の統計が悪くなるのを嫌がっているように皆は感じたんだ。

”dennis” は復帰後、ECS大会が終わって ”GeT_RiGhT” と共に外された。そして ”Plopski” と契約した。大会で負けた直後、私は他の選手たちの意見を聞きに行ったんだ。そして全員がこの変更に同意したので、私は両方の選手と話した。”dennis” は自分がベンチ入りさせられると感じていたよ。

この時私はジレンマを抱えていた。まず本人たちに伝えてからチームメンバーに伝えるか、先にチームに伝えてから本人たちと話すか。私は ”Xizt” の解任の時から、チームがどうあるべきかについて、他の選手たちが発言権を持つことが重要だと思っていたからね。

”GeT_RiGhT” に伝えたところ、彼は非常にプロ意識を持って対応してくれた。彼は決定を理解していて、「実際にはもっと早く外されると思っていた」と言っていた。もしチームに何かが起きたり、急にサブメンバーが必要になったりした時は、僕はみんなのために常にここにいる、と言っていた。そしてそれこそが、”GeT_RiGhT” がその後もチームに残っていた主な理由だよ。彼の望みはメジャーでNiPから身を引くことだったんだ。自分のためではなく、チームのために。

リーダーのいないまま

ジャーナリスト:”GeT_RiGhT” の話を進める前に、この時のマネージメントはどうでしたか? あなたをNiPコーチとして呼び戻した COOの ”HeatoN” は? 意思決定のほとんどはCEOが行っていたのでしょうか?

“pita”:”HeatoN” は ”dennis” を獲得した後すぐに外されていた。CEOは唯一、私が直接連絡を取っていた人物でしたが、CEOは一歩退がって、チームの構築に力を注いでくれた。私はそれを有り難く思っていたが、私たちは多くの問題を抱えていたよ。一番の問題は、相応しいインゲームリーダーがいなかったことだね。

”GeT_RiGhT” 引退デマ

ジャーナリスト:あなたがチームを去ったとき、”GeT_RiGhT” の外され方を誇りに思っていないと言っていましたね。そこで何があったのですか? 組織はなぜ引退と発表したのでしょうか?

“pita”:”GeT_RiGhT” の件は、私が最も誇りに思えないことだった。私の失敗だと公言できる。私の対応が非常に悪かったんだよ。彼が解任されたときに、彼はそれでいいと言っていたし、必要とされる限り協力してくれると言っていた。ベルリン・メジャーでは、他のチームでマイナーに参加していた ”Plopski” を使うことができなかった。だから ”GeT_RiGhT” にプレイさせるのは当然だった。

ベルリン・メジャーの直後にはBLASTモスクワがあった。モスクワのためにVISAの申請をしなければならなかったが、”GeT_RiGhT” を連れて行くかどうかを確認するのに時間がかかったんだ。ベルリン・メジャーとBLASTモスクワの間は短く、限られた時間に適切な交代選手を得ることができなかったんだ。その時の私の願いは、”GeT_RiGhT” がチームでより良いパフォーマンスをしてくれること、そうすれば彼を外す必要がなくなる、ということだった。

問題は、私は ”GeT_RiGhT” にこれらのことについて全く話さなかったこと。”GeT_RiGhT” はベルリン・メジャーが最後の大会だと思っていたのだが、その後BLASTモスクワに一緒に行かないかと誘われた。そしてBLASTモスクワの後は、V4のためにブダペストへ飛んだ。その間、彼の将来については何も話さず、彼は今後どうなるのか何もわからないまま、体調にも影響するような嫌な日々を過ごしていたんだ。

組織の ”GeT_RiGhT” 引退声明については、なぜ ”GeT_RiGhT” が引退すると述べたのか私も分からない。閲覧数を増やしたかったのかもしれないが、”GeT_RiGhT” は私にも組織の誰にも引退するとは言わなかったからね。

NiPを代表することは恥ずかしいこと

ジャーナリスト:”Golden” のスタンドイン時代、それに至るまでの経緯を教えてください。

“pita”:ベルリン・メジャーに向けて、私たちはもう1人のスタンドインを見つけなければならなかった。多くの選手たちは取られていたし、加えてその夏にはNiPでいろんなことが起きていた。チームには言わなかったが、私の唯一の目標は次のメジャーでプレイできるよう、最低でも1勝することだった。あの頃、NiPの代表になりたいと思う者は誰もいなかった。NiPを代表することは恥ずかしいこととさえ感じていたようだ。しかし私たちには契約があったから、何もできないことはわかっていた。それらのことを考えると、ギリギリになってのスタンドインは限られていた。

夏のいろんな出来事の後、誰を連れてくるかはチームのみんなで決めることが重要だった。メジャーに向けてのチームワークのために、何でもしようと思った。”friberg” ”k0nfig” ”Golden” と話をし、最終的には ”Golden” を選んだ。長期的な視点で ”Golden” がチームとどのような関係を築くかを確認するために、彼を試してみたかったんだ。メジャーの後は ”GeT_RiGhT” よりも ”Golden” を連れてきたかったが、チームの大半はAWPerロールを連れてきた方が良いと考えていた。そうすれば “f0rest” が本来の役割に集中できるから、と。

しかし ”Golden” を連れてこず、彼を失った。インゲームリーダーを連れてくる可能性も失い、”twist” を入れた。このメンバーで100%の力を出すしかなかったんだ。

出会いと別れ

ジャーナリスト:”twist” が ”GeT_RiGhT” に代わってからの最終局面はどうでしたか?

“pita”:メジャーの後、私たちは問題を解決しようと努力を続けていた。そして ”twist” がfnaticでベンチ入りしたので、V4の後すぐ彼に来てもらったんだ。

それから何となく、チームのプレイが良くなってきたように感じていた。2020年の初めと同じような結果が出ていたしね。”twist” と ”Plopski” がその中で大きな役割を果たしたと思う。最終的にはあのラインナップで突破すると思っていたんだけど、DHマスターズ大会の後 “f0rest” が私のところに来て、”GeT_RiGhT” とのプレイを続けたいと言い、彼を外すという決断にずっと反対していた。

私は ”GeT_RiGhT” をチームに引き留めようとしたが、彼はすでに決断していた。確かバーレーンのBLASTシリーズでの2日目だったかな、みんなで座っている時に、彼はチームメイトに自分の将来の計画を話し始めたんだ。明らかにチームはそれに不満を持っていたけど、彼の決断を尊重し、それを支持し、彼の成功を祈った。恨みは全くなかったよ。

チームのために犠牲になった”Lekr0″

それから私たちはアシスタントコーチの ”THREAT” と共に、様々なオプションについて議論し始めた。”Xizt” を失って以来、多くの問題を抱えていたこと、”GeT_RiGhT” を失ったことはラーカーロールを失ったことを意味していたから、私の提案はラーカーを探すことだった。誰もが同意した。数日後、私はCEOにメッセージを送って、新しい年の計画を立てるために会議を持ちたいと伝えた。”f0rest” が本人の意思で脱退すると決まっていたが、私は ”f0rest” がいなくても再出発できると信じていた。

私は彼らの決断を尊重しているよ。満足してはいなかったが、選手たちもその決定について何も知らなかったし、何も言えることはなかった。”Lekr0″ の状況も同じだ。 私のフラストレーションは、”Lekr0″ が私と同じように扱われたこと。”Lekr0″ のことをよく知っているからこそ、今回のことはひどく私を動揺させたんだ。

エピローグ

NiPはワタクシ、お気に入りチームとまではいきませんが、好きなチームではあります。しかしこんなにたくさんのドラマがあったとは・・・”Lekr0″ に関してはワタクシも残念に感じます。彼のプレイに問題があるとは思えないし、このインタビューを聞くと、チームと揉め事を起こすタイプでもありません。今回の彼のベンチ入りは、なぜ? と正直思ってました。これらの裏話を知って、これからNiPの味方が変わりそうです。

ちなみに “f0rest”・”GeT_RiGhT”・”Xizt” は共にDignitasで現在プレイしています。もしかすると、”Lekr0” も加入するかも、と思ったり。Dignitasを断然応援したくなったワタクシです。

�� ベットして観戦する試合は興奮度がさらにUP! Eスポーツベットがおすすめのカジノ&ブクメ!

Casitabi Sport $ 40 入金不要ボーナス + $ 500 ボーナス + 100 賭け条件無しフリースピン. Casitabi サイトへ


Casino-X Sport ¥ 3000 入金不要ボーナス + ¥ 1000 ボーナス.
フリーベット Casino-X サイトへ

�� 雑談や質問が気軽にできる♪ ジャパカジ掲示板

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

最高のスロットマシンのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: