$5 Spin&Go Flashで1億越え賞金が出たっっっ!動画あり

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

$5 Spin&Go Flashで1億越え賞金が出たっっっ!

ワタクシも日頃からよくプレイしている、Spin&Go Flash/スピン&ゴーフラッシュでその出来事は起こったのだよ。

��Spin&Goをプレイするなら業界一の大手オンラインポーカーサイトで!

PokerStars Poker $ 600 ボーナス賭け条件なし. PokerStars Poker サイトへ

スピンで賞金が決まる!

プレイをチェック!

ちなみに、PokerStarsチームオンラインのメンバーであるMikhail “innerpsy” Shalamovは、この超ラッキーテーブルがプレイされている時ちょうどストリーミング配信を行っていて、最終的なハンドと【TopEliten】の勝利の瞬間を収めていました。

��気軽に、でも夢を持っていろんな種類のポーカーとトーナメントを楽しみたいならココ!

ホーリーのチュイチューイ日記******** (バンコク通い駐妻ブログ)

バンコクに単身赴任した相方のもとへと通う駐妻の「徒然」を綴ります。

福島とチェルノブイリの比較

IAEAのデニ・フロリ事務次長は「規模などが全く違う」と言ってます(ソース: http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20200413-OYT1T00328.htm?from=navr)
オーストラリア放射線防護学会フェローのDon Higson博士も「ナンセンス」って言ってます(ソース: http://www.bbc.co.uk/news/science-environment-13048916)
1957年のソ連時代に起きたクィシトゥイムのマヤーク原発事故がレベル6。これよりひどいの

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

政府っていうか、経産省の原子力安全・保安院(NISA)ですが、何がしたいの
日本国民をこれでもか、と混乱に陥れようとするあの手この手
わざとか???

12 April 2020 Last updated at 14:38 GMT
How does Fukushima differ from Chernobyl?
福島原発はチェルノブイリと、どう違うのか?

Japanese authorities have raised the severity rating of the nuclear crisis at the damaged Fukushima Daiichi power plant to the highest level, seven.
日本当局は、地震で被害を受けた福島第一原発の事故の深刻さを示すINESを最高レベルの7に引き上げた。

The decision reflects the ongoing release of radiation, rather than a sudden deterioration. Level seven previously only applied to the 1986 Chernobyl disaster, where 10 times as much radiation was emitted.
この決定は、放出が止まらない放射性物質の量を反映したもので、突然事態が悪化したわけではない。これまで、レベル7の評価を受けたのは、福島の10倍の放射性物質を放出した1986年のチェルノブイリ原発事故のみである。

But most experts agree the two nuclear incidents are very different. Explore the table below to find out how they compare.
しかし、ほとんどの専門家は、この二つの事故は全く異なると口を揃えて言う。下の表を見れば、その違いがわかる。

Fukushima and Chernobyl compared
福島原発とチェルノブイリ原発の比較
F): 福島
C): チェルノブイリ

Date of accident
事故発生日
F) 11 March 2020 2020年3月11日
C) 26 April 1986 1986年4月26日

Accident details
事故詳細
F) A magnitude-9.0 earthquake and resulting tsunami damaged the plant’s power systems, causing cooling systems to fail. A series of gas explosions followed
マグニチュード9.0の地震と、その後の津波によって発電所の電力システムが損傷し、冷却システムが故障した。その後、一連のガス爆発が起きた
C) A sudden power output surge during a systems test caused a reactor vessel to rupture, leading to a series of blasts. An intense fire burned for 10 days
システムの試験中に突然、運転出力が跳ね上がり、原子炉容器が破裂した。激しい炎が10日間、燃え続けた

Severity rating
深刻さの評価
F) Level 7 – major accident レベル7 大事故
C) Level 7 – major accident レベル7 大事故

Number of reactors
原子炉の数
F) Six; but only three of concern, plus pools storing spent fuel
6; ただし、そのうち3基と使用済み燃料プールが憂慮される
C) Four; but only one reactor involved
4; ただし、1基の原子炉のみ、事故発生

Type of reactors
原子炉の型
F) Boiling-water reactors. Japanese authorities stress that unlike at Chernobyl, the containment vessels at Fukushima remain intact. Also, unlike Chernobyl, the reactors at Fukushima do not have a combustible graphite core
沸騰水型原子炉 – 日本当局は、チェルノブイリと違い、福島原発の格納容器は無傷であると強調。また、コアの部分は、チェルノブイリのような燃えやすい黒鉛ではない
C) Graphite-moderated boiling water reactor. The graphite made it highly combustible. The reactor also had no containment structure and nothing stopped the trajectory of radioactive materials into the air
黒鉛減速沸騰軽水型原子炉 – 黒鉛自体は非常に燃えやすい。また、原子炉は格納容器のない構造で、放射性物質が空中に勢いよく放出されるのを防ぐものがなかった

Radiation released
放射線量
F) 370,000 terabecquerels* (as of 12 April)
37万テラベクレル(4月12日現在)
C) 5.2 million terabecquerels*
520万テラベクレル

Area affected
影響を受ける地域
F) Officials say areas extending more than 60km (36 miles) to the north-west of the plant and about 40km to the south-southwest have seen radiation levels exceed annual limits
当局者によると、原発の北西60km以上、南南西約40kmに至る地域で、放射能レベルは年間許容量限度を超えている
C) Contamination of an area as far as 500 km (300 miles) from the plant, according to the UN. But animals and plants were also affected much further away
国連によると、原発から500km圏内が汚染された。ただし、動物や植物への影響はさらに広範囲

Evacuation zone
避難指示圏
F) 20km; 20-30km voluntary zone. Five communities beyond the existing evacuation zone have also been evacuated
20km; 20-30kmは、自主的避難地域。設定されている避難指示圏外の五つの自治体も避難している
C) 30km
30km

People evacuated
避難者数
F) Tens of thousands
数万人
C) The authorities evacuated, in 1986, about 115,000 people from areas surrounding the reactor and subsequently relocated, after 1986, about 220,000 people from Belarus, the Russian Federation and Ukraine
当局は1986年、11万5千人を原子炉周辺から避難させ、1986年以降は22万人をベラルーシ、ロシア連邦、ウクライナから移した

Related deaths
原発事故が原因の死者数
F) No deaths so far due to radiation
現在、放射能による死者はいない
C) A UN report places the total confirmed deaths from radiation at 64 as of 2008. Disputes continue about how many will eventually die
国連の報告によると、2008年の時点で被曝が原因で死んだ人の数は64人と確認されている。最終的に死亡者数が何人になるかは未だに議論が続いている

Long-term health damage
長期の健康被害
F) Not yet known, but risks to human health are thought to be low
今のところ不明。ただし、人体への危険は少ないと考えられている
C) Among the residents of Belarus, the Russian Federation and Ukraine, there had been up to the year 2005 more than 6,000 cases of thyroid cancer reported in children and adolescents who were exposed at the time of the accident, and more cases can be expected during the next decades
ベラルーシ、ロシア連邦、ウクライナの住民の中から、2005年に至るまで、子どもや成人の甲状腺癌が6000例報告された。癌を発症した人たちは事故当時被曝した人たちであり、今後数十年間に症例数は増えると予想される

Current status
現状
F) Officials say radiation leaks are continuing and could eventually exceed those at Chernobyl. The priority is restoring adequate coolant to the fuel ponds and the reactors themselves
当局によると放射性物質は放出され続けており、最終的に積算値はチェルノブイリの値を超える可能性がある。燃料池と原子炉を十分冷却するため、冷却システムを復旧することが最優先である
C) The damaged reactor is now encased in a concrete shell. A new containment structure is due to be completed by 2020
損傷した原子炉は、今はコンクリートの石棺で封印されている。新たにこれを覆う構造体が、2020年に完成予定

世界の基幹産業を支える東北

日本って、ちっぽけな国で、とりえはお金が多少ある(?)ことくらい*注。。。だと思っていたら、日本がこけたら世界中がこけそうなくらい影響力が大きくて、今更ながらびっくり!!
*注: GDPは中国に抜かれましたけど、購買力という観点からは、日本はまだまだ中国より上です。

二番なんかじゃ、だめなんです

Reeling from quake,
Japan automakers cut output in U.S. plants
震災被害に苦しむ日本のカーメーカー
アメリカにある工場の生産縮小

Ripple effects from the earthquake and tsunami in Japan continued to be felt by the U.S. work force this week as Japanese automakers announced cuts in plant production at North American factories.
まるで波紋が拡がるように、日本で起きた地震と津波の影響は、アメリカの雇用にも及んでいる。今週、日本のカーメーカーは、北米にある工場での減産を発表した。

While the cuts were expected, the news signals the long road ahead for Japan’s economy, the world’s third largest, and how other nations will be affected.
減産は予想されていたが、このニュースは、世界第三位の日本経済が、この先歩まなければならない長い道のりと、その他の国がどれだけ影響を受けるのかを示唆している。

Japan’s big three – Honda, Nissan and Toyota – and the global auto industry are increasingly hampered by parts suppliers in Japan who are struggling in the aftermath of the worst disaster to strike the island nation since World War II.
日本のビッグスリー、ホンダ、ニッサン、トヨタと世界の自動車業界をますます苦境に追い込んでいるのは、日本にある部品の供給会社だ。彼らは日本の戦後史上最悪の災害による被害の中で苦闘を続けている。

Strong aftershocks and rolling blackouts almost a month after the magnitude-9.0 quake have continued in metropolitan Tokyo, the nation’s economic center.
強い余震と計画停電は、マグニチュード9.0を記録した地震の後も、日本の経済の中心、首都東京で、ほぼ1ヶ月続いている。

Toyota said in a statement on Friday it was cutting production schedules at its North American auto plants “with production suspended on April 15, 18, 21, 22, and 25.”
トヨタは、金曜日の発表の中で、北米の工場での減産を明らかにした。「一時生産を停止するのは、4月15日、18日、21日、22日、25日」

“The situation in Japan affects many automakers and many other industries. Extraordinary efforts are under way to help suppliers recover,” said Steve St. Angelo, executive vice president of Toyota Motor Engineering and Manufacturing North America. “We are slowing down to conserve parts yet maintain production as much as possible,” he said in the statement.
日本の苦境が多くのカーメーカーや、多くのその他の産業に影響を与えている。最大限の努力をもってサプライヤーの復旧を支援しているところだ、と北米トヨタの取締役副社長のSteve氏は言う。「部品を切らさないため、できるだけ生産を止めないようにではあるが、製造のペースを落としている」

During shutdowns, Toyota has a custom of continuing to pay its workers while finding them other work – sometimes as volunteers in the factories’ communities.
工場閉鎖の間も、トヨタは従業員に他の仕事を見つけてやって給料を払い続けるという慣習がある。それは、時には、工場のある地域でのボランティアだったりする。

On Friday, the company said it would provide employment for its 25,000 full-time workers, who it calls team members. “Team members not required to work may report to work for training and plant improvement activities, use vacation or take unpaid time off,” the company said.
金曜日、トヨタは2万5千人いるフルタイムの従業員の雇用を維持すると発表した。従業員のことを、トヨタではチームメンバーと呼んでいる。「仕事の無いチームメンバーは、研修や工場の改善活動のために出勤する、有休をとる、または無給の休みをとること」

Toyota also announced Friday that it would resume output at all its Japanese factories on April 18, but at 50% capacity.
また、金曜日、トヨタは4月18日に日本国内の工場すべてで生産を開始するとも発表した。ただし、生産台数は最大時の50%に留まる。

With the spring and summer auto-buying season approaching, the situation is starting to worry Wall Street.
自動車の販売台数が伸びる季節である春と夏が近づく中、ウォール街は状況を懸念し始めた。

“The issue of potential supply shortage is a top global priority,” Morgan Stanley said in a recent report. “Even a missing $5 part can stop an assembly line.”
「今後起きると思われる供給不足は、世界にとって最優先にすべき問題だ」とモーガン・スタンレーは最近のレポートの中で言っている。「ひとつが5ドルの部品であっても、それが無ければ組み立てラインは止まる」

Honda Motors also announced cuts in domestic output starting next week, with more reductions based on the availability of parts.
ホンダも、部品の供給不足によるさらなる減産のため、国内の生産を来週から縮小すると発表した。

While 80% of Honda products and parts sold in the United States are produced in North America, the automaker said “a few critical parts” come from Japan.
ホンダによると、アメリカで販売されるホンダ製品や部品の80%は北米で製造しているが、「いくつかのきわめて重要な部品」は日本から輸入している。

“Thus, the unstable parts supply situation in Japan is impacting our ability to operate our automobile plants here in North America at full strength,” the automaker said.
「このように、日本国内における部品供給の不安定な状況が、ここ北米にある自動車工場のフル稼働を妨げている」とホンダは言う。

Also, Nissan said this week it expected 50% output at its five factories in Japan through the end of the month.
さらに今週、ニッサンも、日本国内の五つの工場で今月末まで生産を五割に落とすと発表した。

Toyota, Nissan and Honda operate about 30 major auto factories in North America, according to their respective websites.
トヨタ、ニッサン、ホンダのホームページによると、この3社が操業する主要な自動車工場は、北米には約30ある。

闘う東北の人々

「子ども手当て」は、震災孤児には支給されないそうです。
「子ども手当て」は、海外駐在員の子どもには支給されません。駐在員は日本国内でも所得税を払っているのに。
でも、「子ども手当て」は、日本で働いている外国人の、日本に住んでいない子どもには支給されるそうです。

With No End to Crisis in Sight,
Residents and Fishermen Are Fighting Back
危機の終わりが見えない中で反撃を始めた住民と漁民
Posted by Krista Mahr Wednesday, April 6, 2020 at 6:19 am

From the earliest days of Japan’s triple disaster, the residents forced to flee their homes in the evacuation zone around the crippled Fukushima Daiichi nuclear power plant have not had a lot of information to work with. Many only found out that they were supposed to leave by grace of the internet or the evening news, and when they did, had to organize their own way to safety. Thousands of nuclear refugees are now living indeterminately in evacuation centers scattered from Tokyo to Yamagata without any idea when they might be able to go home, or what their fate will be if they can’t. (See pictures of life in Japan’s evacuation centers.)
3つの災難が重なって起きた当初から、福島第一原発周辺の避難指示圏内にある家を離れざるを得なかった住民たちには、何をすべきか判断する充分な情報がなかった。大半の人は、インターネットや夜のニュースを通じて自分たちに避難指示が出ていることを知ったのだ。そして避難するときも、それぞれの判断で安全な場所へと避難する必要があった。何千人もの原発周辺からの避難民は、今、これから先どうなるのかわからないまま、東京から山形に散在する避難所で生活を送っている。いつ自分の家に帰れるのか、帰ることができなかった場合どうなるのか、まったくわからない。

Now some are beginning to fight back. On Tuesday, Tokyo Electric Power Company (TEPCO) announced a provisional plan to make token payments to farmers and residents in nine communities around the plant by the end of the month. The offer was made to 10 towns, but one – Namie, population ca. 20,000 – refused to take the functionally useless handout. Though TEPCO itself did not confirm the amount it would offer each city, a Namie city official told CNN that it was around 20 million yen ― about $12 for each of Namie’s residents. Tamotsu Baba, Namie’s mayor, told CNN that they were rejecting the money on principle. “Where’s our direct apology?” he asked.
今、この状況に立ち向かおうとする避難民がいる。火曜日、東電(TEPCO)が発表した暫定的な計画は、今月末までに原発周辺の7つの町村の農家や住民に対して補償金の一部を支払う、というものだ。この申し出は10の町を対象にしているが、そのうちのひとつ、人口約2千人の浪江町は、何の役にも立たないこの施しを拒否した。東電は各自治体に対する金額を発表していないが、浪江町の職員はCNNに約2千万円、つまり、浪江町民1人当たり約12ドル(1万円)だと語った。馬場有町長によると、浪江町は、自分たちの主義に基づいて、どのような趣旨の金かわからないため受け取りを拒否した。「面と向かって謝罪はしないのか」と町長は疑問を呈する。

TEPCO has not been entirely uncontrite. When the utility announced on Monday, for instance, that it would have to start dumping low-level radioactive water directly into the sea, officials were reportedly visibly uncomfortable delivering the bleak news. There has been much speculation that the utility will have to be at least partially taken over by the government in order to pay out the huge compensation claims it is already racking up – up to $12.3 billion in the best-case scenario, according to a report by Bank of American Merrill Lynch. Meanwhile, the government has made moves to set aside up to 3 trillion yen this week to finance the reconstruction of the northeast, though government lawmakers expect that installment will be followed up with at least two similar amounts during the year, amounting to as much as 10 trillion yen in the end.
(See TIME’s full coverage of the the crisis in Japan.)
東電にはまったく懺悔の気持ちがないわけではなかった。例えば、東電が低濃度汚染水を直接海に排水し始めることを月曜日に発表したとき、当局者がこの暗いニュースを発表することを不愉快に思っていることは、はっきりと見て取れた、と言われている。東電は巨額の賠償金を支払うために、少なくとも一部国有化されるのではないかとの見方が強い。バンク・オブ・アメリカ・メリル・リンチによると、すでに、賠償額は最善のケースを考慮した場合でも最大123億ドルに上ると計上されている。そんな中、政府は今週、東北の再建の財源として最大3兆円の予算を引き当てる方向で調整を始めた。ただし、国会議員は今回の予算以外に同等の金額が少なくとも後2回、つまり最終的には総額10兆円が本年土中に必要だと予想する。

Namie’s city officials aren’t alone in making their displeasure known. Two days after TEPCO said it would be dumping irradiated water off the coast, Japan’s National Federation of Fisheries Cooperatives Associations issued an unsparing statement expressing fishermen’s outrage at the situation, particularly at not being consulted in the “unforgiveable” decision to dump toxic water into the sea. Japanese seafood exports, estimated at 195 billion yen last year, are already being severely impacted by the month’s events; from London to Los Angeles, foreign buyers are balking at the prospect of buying fish that could be contaminated. In response, Chief Cabinet Secretary Yukio Edano announced that fishermen, too, will be compensated for their loss of livelihood under the provisional compensation plan, though further details were not provided.
不快感を表したのは浪江町だけではない。東電が放射線を浴びた水を海に放出することを公にした2日後、全国漁業協同組合連合会(全漁連)はこの事実に対し激しい抗議を行った。特に、何の相談もなく有毒な水を海に放出するという「許しがたい」決定に漁民は怒った。日本の魚介類の輸出額は、去年1年間で1950億円と見積もられているが、今回の事故により、すでに大きな損害を受けている。ロンドンからロサンジェルスにいたるまで、外国のバイヤーは汚染された可能性のある魚を買うことに二の足を踏んでいる。これに応え、枝野官房長官は、暫定的補償計画に基づき、漁業被害も補償対象に含めると発表した。しかし、詳しい説明は未だなされていない。

Both the fishermen and residents who have lived side by side with the nuclear reactor for years say that Tepco never warned them about the potential danger the Daiichi power plant posed. On the contrary, both parties say they were explicitly told it was safe. A week after the disaster, Norimasa Kato, a resident of Minami-soma, a city within the 19-mile evacuation zone of the power plant, was shocked at finding himself newly homeless. “The company was telling people it was safe. They promised it was safe. Where the hell did that promise go?” he asked, playing with his young son on a pile of blankets in a city gymnasium where he was now living. “We had no idea such a thing could happen.”
長年、原発と隣り合わせの生活を送ってきた漁民も住民も、東電は第一発電所の危険性について一度も知らせたことがない、と言う。一方で東電は、原発は安全だとはっきり言っていた、そう、漁民も住民も口をそろえて言う。発電所から19マイル(30km)の避難指示圏内にある南相馬の住人、加藤ノリマサさんは、自分は家を失ってしまったことに愕然とした。「東電は住民に、原発は安全だといい続けていた。安全を約束した。その約束はどうなったんだ」今、彼の住まいとなっているある体育館で、幼い息子と重ねた毛布の上で遊んでやりながら、そう問いかける。「こんなことが起きるなんて思ってもみなかった」

When and how residents like Kato will be able to go back home is far from clear, and when they do, they will face a very different reality. Dr. Makoto Akashi, executive director of the National Institute of Radiological Sciences, says that it’s possible, if the cooling systems get back online soon, that people could return to the area within three to six months at the earliest, after the area is decontaminated as much as possible through removal of radioactive soil and washing external surfaces that were exposed to high atmospheric radiation levels. The more enduring problems, Akashi says, will be water and food. “We will have to buy bottles water from other areas. No choice,” he says, and residents will also have “to buy vegetables and rice from other areas.”
いつ、どのように、加藤さんと同じ境遇にある住民が家に帰れるのか、まったくと言っていいほどわからない。しかも、家に帰ったときには生活は一変してしまっているだろう。放射線医学総合研究所(放医研)の明石真言博士によると、冷却システムがすぐオンラインに戻ったら、早ければ3ヶ月から半年以内に、住民の帰宅は可能になる。その前に、地域は、高濃度の放射能汚染された大気に曝された表面を洗うなどして汚染土を取り除き、可能な限り汚染物質を除去しなくてはならない。引き続き問題となるのは水と食べ物だ、と明石博士は言う。他の地域から容器入りの水を買う必要がある。「選択の余地は無い。住民は、野菜と米を他の地域から買わなければならないだろう」

Namie’s mayor told the Maichichi Daily News that though the city, like others in the area, had been receiving a yearly subsidy of between 400 and 500 million yen for living so close to the plant, now, it didn’t seem worth it. As Baba told the local daily,”The trade-off turned out to be overwhelmingly costly.”
原発周辺の他の地域同様、浪江町も原発のすぐ傍で暮らす代わりに毎年4億円から5億円の補助金を受け取っていた。今となっては、その金額では見合わない、とMainichi Daily Newsの取材に応えて浪江町長は語った。町長がこの地方新聞に語ったように、「代償はあまりに大きすぎる」

信頼できるオンラインカジノの評価
  • JOY CASINO
    JOY CASINO

    プレイヤーレビューによる最高のオンラインカジノ

  • CASINO-X
    CASINO-X

    正直で信頼できるオンラインカジノ

最高のスロットマシンのレビュー
コメントを残す

;-) :| :x :twisted: :smile: :shock: :sad: :roll: :razz: :oops: :o :mrgreen: :lol: :idea: :grin: :evil: :cry: :cool: :arrow: :???: :?: :!: